実際にバイアグラを使用した方の体験談を確認し、バイアグラを使用するかどうかの判断をしてはいかがでしょうか。

バイアグラを使ってみた体験談!使うときの注意点は?
バイアグラを利用してみたいけど、あと一歩勇気が出ない。副作用が心配で使用できない。

バイアグラを使用する前には、色々な不安があると思います。

しかし、バイアグラを使用して効果を実感している人が多くいるのも事実。

そこで、今回はバイアグラの特徴や注意点をご紹介しながら、使ってみた方の体験談をまとめていきます。

実際にバイアグラを使用した方の体験談を確認し、バイアグラを使用するかどうかの判断をしてはいかがでしょうか。

そもそもバイアグラとは一体何か
バイアグラはEDを改善する効果がある薬です。

バイアグラに含まれる有効成分のクエン酸シルデナフィルが男性の体に働きかけて、陰茎の勃起を促すようなメカニズムになっています。

元々、シルデナフィル狭心症の治療薬として使われていました。

臨床試験の際にシルデナフィルには陰茎への血流量を高める効果があることがわかり、そこからEDの治療薬として活用されるようになったのです。

こういった経緯からバイアグラという治療薬が出来上がりました。

日本で認められているED治療薬には、バイアグラの他にもレビトラ・シアリスなどがあります。

これらのED治療薬の中でも一番早く認可されたのがバイアグラ、その効果もさることながら長い歴史のあるため、ED治療といえばバイアグラというイメージが形成されているのですね。

最近はジェネリック医薬品も登場万人以上のEDに使用され、その有効性と安全性はすでに証明されています。

副作用と併用注意薬
副作用も少なく、2階の階段に、歩ける人なら大丈夫と思いますが、心臓が悪くてニトログリセリンのような硝酸薬を、使ってる人は、血圧が下がりすぎることがあり、処方できません。

処方するときに、飲み方の注意事項や併用してはいけない薬を説明している小冊子を、お渡します。が進められていましたが、研究を進めていくうちにED治療薬としての効果が認められ、製品化されたという経緯がある薬剤です。
最近の研究によると、活習慣病を改善し、アンチエイジング効果も期待できる、非常に優れた薬剤であるので
ただし、食事の影響を多少受けるため、脂質の量が多く700kcal以上の食事は避ける必要があります。昼食の量を多めにしたり、間食をとったりすることで、夕食の量を少なくする工夫もあります。
食事を気にせずに服用されたい方は、食事の影響がほとんどないED治療薬であるシアリスリーに注意をする必要があります。
高脂肪、高カロリーな食事を摂ってしまうとレビトラをせっかく服用してもその効果を満足に得ることができません。
レビトラを服用する間は特に食事内容に気を配るようにしましょう。レビトラを服用している間は飲酒量にも注意が必要です。
適度のアルコールは体の緊張を緩めてED治療薬と相乗効果をもたらすことが知られています。
適度とは自分自身の適正量ではなく一般的な適量のことでビール1〜2杯程度の軽い晩酌をイメージしてください。
過度の飲酒は際に必要な脳の指令をブロックしてしまう恐れがあるため、前にレビトラを服用しても効果を得られないことも考えられます。
レビトラ服用中は適度なアルコール摂取を心がけるようにしたいものです。
またレビトラは血流を改善することで生じさせる働きを持つ医薬品であるため、顔面紅潮やほてりなどの副作用が高頻度で起こりやすいことも覚えておきましょう。
シルデナフィルタダラフィルは、肺動脈性肺高血圧症などED治療薬以外にも使用されている成分ですが、バルデナフィルはED治療のみに特化した成分であり、その他の疾患では用いられていません。
食べ物との相互作用はあまりないと言われていますが、高脂肪食や大量の食物と一緒に服用した場合には効果が減弱してしまうこともわかっています。食事をした場合は2時間あけて服用するようにしましょう。食事によりシルデナフィルの効果が減弱しやすいので、食後すぐに服用する場合は効果が半減することがあります。
デート中など、食後のバイアグラ服用が療薬であるシアリスは、主な副作用として頭痛が報告されています。

シアリスについて
持続時間が、36時間と長いため、海外では、ウイークエンドピルとして2003年より1000万人以上の人に使われてます。
36時間効果が持続するということは、例えば金曜日の夜、11時に服用すると日曜日の朝8時まで、優れた効果が認められます。
性的刺激が、なければ勃起しませんので、食事の影響もなく、いざというときに効果があります。
効果が不十分の場合、20mgが、あります。
副作用は、他のED治療薬と、ほぼ同じで、ニトリグリセリンなどの狭心症の治療薬とは、併用禁忌になってます。
やっと日本でも、バイアグラ.レビトラ、シアリスの三種類のED治療薬がそろいました。

料金
シアリス服用の注意点
1) シアリスの服用の目安は、性交渉の約1時間前に設定されています。シアリスは、36時間にわたり有効性が認められていますので、服用後1時間以降、36時間までの性交渉においても治療効果が期待できます。

2) シアリスの効果は、食事による影響を受けませんので、食事のタイミングを気にする必要はありません。肉料理、揚げ物などの高脂肪食であっても影響はありません。 一般に、適度な飲酒は問題ありませんが、過度の飲酒や喫煙は勃起力を低下させますので注意して下さい。

3) 服用後、約36時間にわたって効果が期待できます。ただし、性的刺激を受けなければ勃起は生じないので、36時間ずっと勃起しているわけではありません。また、催淫効果もありませんので、シアリスによって性的に興奮することはありません。

4) 体調、心理状態などにより初回服用時には十分な効果が出ない場合もあります。そのようなときでも、繰り返して使用すると効果が出てくることが確認されています。初回服用であきらめないで繰り返すと効果が出てきます。続けても効果が出ない場合は、医師にご相談ください。

5) シアリスは、医師の処方が必要な医薬品です。医師の管理の下にご使用ください。最近、医薬品個人輸入代行業者等を通じて、販売されているものの中にシアリス(英語表記Cialis)のにせものが見つかっています。にせものの中には異なる成分などが混入している恐れがあり、予測できない健康被害が懸念されます。インターネット等での個人輸入による安易な使用を控えるようにしてください。

6) シアリスの服用は、1日1回とし、必ず24時間以上空けてください。(36時間空けなくても、血中濃度の過度な上昇は起こらないことがわかっています。)

併用注意薬
下記の薬を服用している方は、本剤の服用を中止し医師と相談してください。

■硝酸剤又は一酸化窒素(NO)
■供与剤(ニトログリセリン亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)

下記に該当する方は、本剤の服用はおやめください。

1、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
2、硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方。
3、心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方。
4、不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある方。
5、コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある方。
6、心筋梗塞の既往歴が最近3ヶ月以内にある方。
7、脳梗塞脳出血の既往歴が最近6ヶ月以内にある方。
8、重度の肝障害のある方。
9、網膜色素変性疾患のある方。ている方を対象にした海外の臨床試験の結果では、そうでない方に比べて血管年齢が若く、体に悪影響を及ぼす酸化ストレスは3分の1に減少していました。

これは、シアリスなどのED治療薬がもつ血管拡張作用に起因するものと考えられており、正しく服用することで勃起不全だけではなく、男性の血管年齢を若くするアンチエイジング効果も期待されています。

満足のいく性生活を送ることで生活の質を向上し、男性更年期症状に見られるネガティブな思考の防止効果も注目を集めています。

シアリスと食事の影響
シアリスタダラフィル)には二つの特徴があり、ひとつは作用時間が長いことです。もう一つは、食事の影響を受けないため服用前後の自由度が高いことです。

食事の影響を受けるバイアグラやレビトラに比べて、シアリスは食事の影響をまったく受けません。これが新しい第3世代のED治療薬と呼ばれる理由のひとつです。

また作用時間も長いため、一度の服用で3日間勃起不全の効果が期待でき、食事を気にしたり性行為時間に合わせて服用したりするなどの調整の必要がありません。

臨床試験の結果、シアリス服用前に高カロリー食を摂取した男性は、空腹の男性とほぼ同程度の効果を発揮することが分かっています。また、アルコールの影響も基本的にはありません。

ただ、アルコールの大量摂取は神経伝達の悪化をまねいて性的刺激を受け難くなり、勃起力が低下する可能性があります。アルコールの摂取は少量に抑えておくのをおすすめいたします。

グレープフルーツのED治療薬への影響避けられない場合は、出来るだけあっさりとしたメニューを選ぶようにしましょう。
適量のアルコールにはリラックス効果があるので、緊張を解いてを始められるメリットがありますが、お酒はバイアグラと一緒に服用すると、酔いやすくなったり、バイアグラの効果を減弱させることもあります。
度を落としたり、
副作用
バイアグラには、頭痛、ほてり、鼻づまり、消化不良、動悸、眼の症状(光に過敏、色が変化して見える)などの症状が報告されています。
中でも顔のほてり、鼻づまりなどが起こりやすい副作用で、使用を継続するにつれて気にならなくなります。
万が一、バイアグラ錠服用後4時間以上が続く場合は
1998年1月よりアメリカで発売された直後から、「夢の薬」と報道されることで世界中で注目を集めました。 日本国内でも多くの注目を集め、個人輸入代行業者などによってもたらされ、普及していきました。
バイアグラは、PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害することで効果を発揮するため、「PDE
また、抗真菌薬やHIV治療薬を服用中の方は相互作用があるため、服用することは出来ません。 透析導入の方や腎機能の低い方も服用は出来ないお薬となっています。
周囲のNO作動性神経に作用することで、血管を拡張して血流量の増加を行いを高めます。 なお、力を高めるはたらきはありますが、精力剤のように性力そのものを高める催用は認められていないので、注意が必要です。
他のED治療薬との違い
バイアグラは、国内で販売されている4つ不全症治療薬のうち、最初に販売されたお薬です。 世界でも最初に製品化されたお薬であり、これまで非常に多くの方に使用されてきました。
使用経験が豊富でう種類のお薬に分類されています。
バイアグラ動脈硬化の関係
タダラフィルの特徴
タダラフィル 配合の代表的な医薬品にはシアリス及びジェネリック薬のタダリス、タダシップ、メガリスなどがあります。

タダラフィルは現在販売されているED治療薬の一つで、効果の長さに特徴のある薬剤です。 シルデナフィルバルデナフィルは短時間でガツンと効くことが特徴ですが、タダラフィルは長時間マイルドに効くことが特徴と言われています。

バイアグラについて

バイアグラクエン酸シルデナフィル)は、勃起機能不全の治療薬としてアメリカFDAより承認さた最初の経口剤です。

日本では、ファイザー製薬より発売されていますが、インターネットなどでの個人輸入や、海外ツアーで購入する人もいるといわれており、正確な使用状況は不明です。

また、保険診療ではなく、自由診療(保険が利かない)です。

■どう効くの?

 勃起に関係する非アドレナリン非コリン作動性(NANC)という神経は、性的刺激を受けると、弛緩因子である一酸化窒素(NO)を陰経海綿体神経の神経終末から放出します。

 一酸化窒素は、陰茎海綿体平滑筋の受容体に結合し、グアニル酸シクラーゼを活性させてcGMPを形成し、これが陰茎海綿体の血管平滑筋弛緩させ、充血を起こして勃起が起こります。

 cGMPという物質は、PDEにより破壊されますが、バイアグラはこのPDEの作用を阻害することによって勃起機能を回復・維持します。

 また、バイアグラには直接的な海綿体弛緩作用はなく、性的刺激のない状態では効果は出てきません。

■服用上の注意

狭心症等の心臓病に用いられるニトログリセリンあるいは硝酸剤とバイアグラを併用すると死に至る副作用を起こす可能性があります。
性行為は心臓に負担がかかるので無理をしない
パートナーにはバイアグラを服用していることを伝えておきましょう。
他人へ讓り渡さないようにしましょう。
1日1回までの服用。次の服用は24時間以上あけるようにしましょう。
催淫剤ではありません。
性行為感染症を防ぐことはできません。
食後に服用すると空腹時に比べて効果が出るのに時間がかかります。
他の診療科・医療機関を受診するときは、バイアグラを服用していることを申し出てください。